学校概要

東京製菓学校教育理念

“プロを育てる”プロである

東京製菓学校は1954年の開校以来、つねに新たな教育に挑み、多くの次代を担うプロを育て続けています。 教育理念は「菓子は人なり」です。
どれほど優れた技術も、人間的な成長が未熟であれば、意味を失うことは明らかです。
本校は、即戦力として社会で活躍できるよう、少数担任制で学生の自主性と創造力を尊重し、最新の特殊設備まで網羅し実践的なカリキュラムを順次取り入れています。
また、国内外のトップレベルの講師を招くなど、充実した教育環境を提供することに全力を注いでいます。
学生一人ひとりの夢の実現を力強くサポートしていき、創造する勇気にあふれ、豊かな心をもった技術者を、これからも日本だけでなく世界中にたくさん送り出していきます。

学校長 梶山 浩司


伝統とは "変革" の歴史。
あなたの希望。そして夢。
東京製菓学校が、かなえます。


1954年開校。私たち東京製菓学校は、日本で最も歴史ある製菓・製パン技術者養成校です。これまでに圧倒的多数の卒業生を業界に送り出してきました。創立以来の教育理念 「菓子は人なり」に基づき、技術面はもちろん、精神面の成長も育み、人間性豊かな技術者の育成をめざしています。市場の動向や将来性を見据えより良い、より新しいカリキュラムを導入し続けてきたその変革の歴史が、私たちの伝統です。
日本のスイーツのクオリティ、高い技術が脚光を浴び、『Cool Japan』のひとつとして海外に発信する重要な資産と認められた昨今、私たちの役割もさらに大きく、社会に貢献するものになっていくに違いありません。
学校は、人と人との「出会いの場」。信頼関係が何よりの財産です。これから入学を考えているみなさんとも、末永く、深いお付き合いを続けていけるよう、私たちもよりいっそう頑張っていきます。

1954年 2月
「東京高等製菓学校」
「東京パン技術指導所」を西大久保に開校 

1967年 7月 
学校法人として認可 

1977年 4月 
名称を「東京製菓学校」に変更

1978年 7月 
学校教育法規定により「専修学校」として
認可される 

1984年10月 
高田馬場に新校舎完成 

1986年11月 
労働大臣より「無料職業紹介所」として
認可される 

1987年 3月 
労働大臣より「職業訓練指導員」と
「技能検定」の受験資格の短縮の指定校と
して認可される 

1990年 5月 
野外教育施設「箱根セミナーハウス」が
元箱根に完成する 

1995年 3月
文部大臣より製菓専門課程第1部本科
(2年制)について「専門士」の資格を付与

1997年 3月 
製パン教育専門施設「パン科校舎」完成 

2004年 3月 
韓国に「東京製菓学校ソウルオフィス」を
開設 

2004年 4月
卒業生対象無料セミナー
「製菓衛生師試験受験対策セミナー」を開始

2005年
国際交流イベント『Japan Week』に出展、日本の菓子文化の発信と啓蒙に寄与

2007年
全国和菓子協会認定のマイスター制度『選・和菓子職』の立ち上げを全面サポート

2010年 4月
パン本科が2年制に変更



体験入学・オープンキャンパス 授業見学・個別相談
夜間製菓・製パンの仕事セミナー・体験入学 保護者のみなさまへ
夜間部対象学校説明会  
→トップへ戻る
東京製菓学校【携帯公式サイト】TOP
(c)ECOLE DE PATISSERIE DE TOKIO