スイーツトピックス

2019.10.07
知る・見る・味わう 和菓子を愉しむ集い

東京和菓子協会が和菓子の啓発と業界活性化プロジェクト≠フ一環として、一般のお客さまをお迎えして開催するイベント「知る・見る・味わう 和菓子を愉しむ集い」が、先週10/4(金)に渋谷ヒカリエ 9Fヒカリエホールにて開催されました。

和菓子ならでは魅力を知って・実際に見て・その場で味わって、心ゆくまで和菓子を愉しんでもらうためのイベントということで、もちろん東京製菓学校? 和菓子科も全面協力させていただきました!

hikarie19-1.jpg

和菓子屋さんの店頭やチラシなどを通じて公募したところ、なんと4256名ものお申込みがあったそうです。

hikarie19-3.jpg

今回は抽選によって選ばれた400名のお客様の目の前で、梶山 浩司 校長とともに和菓子科 小林 紀夫 先生・長谷川 献 先生の3名が、練切の製造実演を担当させていただきました。

hikarie19-5.jpg

和菓子が職人の手によって、どのようにつくられるのか。
意外と見たことがないという人も多いのではないかと思います。

hikarie19-2.jpg

職人ごとの個性によって、出来上がる作品にどれだけ違いがあるのかを知っていただくために、つくる題材については打ち合わせナシのぶっつけ本番。

全国和菓子協会 専務理事 藪 光夫 先生がその場でお題を上げ、それに合わせて3人がそれぞれに個性豊かな作品をつくり上げました。

hikarie19-4.jpg

即興でつくっているにも関わらず、3人が3人とも違うデザインでお題を表現しているのはさすがですね!

hikarie19-7.jpg

和菓子にまつわるさまざまなお話や、お茶とコーヒーを召し上がりながら都内12店舗もの和菓子を一堂に味わえる製造実演・試食会も。

日本を代表する食文化のひとつとして親しまれてきた和菓子。
これからも愛され続け、人々の生活の中で進化していってくれるはずです。

hikarie19-6.jpg

多くの方々にこういったイベントを通じて、またひとつ和菓子の新たな一面をお伝えできていたら嬉しいですね。
スイーツトピックスTOPへ

前の記事 > 今年も秋の全国交通安全運動に協力!
次の記事 > 日本代表チーム、世界一の栄冠に輝く!!
▲ページトップへ

洋菓子
和菓子
パン
キャリアスクール|夜間部

体験入学・オープンキャンパス 授業見学・個別相談
夜間製菓・製パンの仕事セミナー・体験入学 保護者のみなさまへ
夜間部対象学校説明会 夜間部対象体験入学
→インデックスへ戻る  →トップへ戻る
東京製菓学校【携帯公式サイト】TOP
(c)ECOLE DE PATISSERIE DE TOKIO